スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の大内宿と塔のへつり号その①

貸切ハイヤー部のえんちゃんで~す。

本日も「大内宿と塔のへつり号」行ってきましたよ~。

こちらは福島県の新白河駅です。東北への玄関口、松尾芭蕉の銅像が建っております。

新白河駅

この駅は全国で唯一、 にある新幹線の駅なのですよ。西郷村にあります。


東京方面からのお客様とこちらで合流!


まずは下郷町にある 塔のへつり へ

塔のへつり

400万年の年月をかけて造られた造形美

水が澄んでいて塔のへつりが水面に映し出されています 

つり橋を渡って向こう岸に行くこともできますぞい。


つり橋へ行く途中、おみやげ屋さんがあります。


塔のへつりおみやげ婆ちゃん
婆ちゃんがお出迎え。

心温まる真心こめて作ったお味噌汁を無料でサービスしてくれます。
いつ来ても寒さに負けず、頑張ってます。

お味噌汁
あつあつの味噌汁にちょっとだけからし味噌を入れるとおいしいです。
具材はナメコ・山くらげ等盛りだくさんです。


またたび
こちらはまたたびの実です。
疲労・回復におススメ!

その昔、お坊さんが旅の途中、山中で疲れ果て、倒れかかったところにまたたびの実があり、その実を食べたら元気になり、またたび(また旅)を続けられたそうな。
まむし酒
こんな珍しいものも売っております。

疲労困ぱいの方におススメ!

漬物
おみやげにどうぞ。
リーズナブルで長持ち!
料理方法はその場で聞いてちょうだい。


さて、お次は ちょっと寄り道!

湯野上温泉駅へ・・・。      つづく


スポンサーサイト

芦ノ牧温泉駅長は猫である

芦ノ牧温泉駅長ねこ
こちらは芦ノ牧温泉駅の駅長である ネコの ばす です。

暖かい季節だと日中、パトロール中でなかなかお会いすることができません。(ほんとなのか!?)

今は、むちゃくちゃ寒いので駅舎にいることが多いようです。

フラッシュ撮影はご遠慮くださいとのこと。

パトロールでお疲れですからね・・・。

寝顔を撮るのは失礼かと思い、入口のポスターを撮ってきました。

またきますね~。  ばす駅長さん!

冬の大内宿と塔のへつり

貸切ハイヤー部えんちゃんで~す。

平成24年!新年早々、東京からのお客様を 「冬の大内宿と塔のへつり」 の観光案内してきました。

まずは 塔のへつり へご案内!
冬の塔のへつり
凍てつく塔のへつり・・・

冬の塔のへつりも見事ですね! でも さ・む・い ・・・・

こちらではアツアツの きのこ汁 が無料サービス!

お店の方の心遣いで心もカラダもポッカポッカ!

お次に 全国では唯一の萱葺き屋根の駅舎である 湯野上温泉駅 へご案内!

湯野上温泉駅① 
 
 駅舎入口左手にはかけ流しの手湯もありますゾ!
 (足湯ではありません)

 冬にはこのようなサービスもあるのですね!


湯野上温泉駅③   湯野上温泉駅②

駅舎内は囲炉裏を囲んで旅談義をどうぞ。

昔ながらの風情を楽しめますぞ!

お次は 大内宿 へご案内!

大内宿駐車場
 

 大内宿の駐車場は除雪完備!(有料です)


萱葺屋根① 萱葺屋根②
シンシンと雪降る萱葺き屋根の中でおいしい会津そば・もち・地酒等々、ゆっくり味わってください。

屋根の軒先の下は注意してくんなんしょ。

大内宿内では両側の水路に注意!(コンコンと清らかな水が流れています)

大内宿で甘酒
あったかい甘酒もありますよ。

郡山観光交通㈱では 郡山駅・新白河駅発着!! 大内宿と塔のへつり号を運行しております。

前日でも空車があれば、予約可! 詳しくは ホームページ をご覧ください。












冬の塔のへつりと大内宿

冬の塔のへつりと大内宿

塔のへつりと大内宿へお客様をご案内してまいりました。
ちょうど、雪まつりの日でしたので大変な混雑でしたが、やはり雪の大内宿・・・・・素敵です!

雪道に不慣れな皆様でしたが、歩き方や大内宿の見どころをご説明して自由散策でたっぷり2時間それぞれに、楽しんでいただきました。 もう大満足のみなさまでした。

私はと申しますと、もちろん、第25回大内宿雪まつりをレポートしましたのでよろしかったら動画
でごらんくださいませ。 クリック → 冬の塔のへつりと大内宿

冬景色の「塔のへつりと大内宿」まだまだ楽しめます。   レポートは貸切部の 佐藤でした。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

大内宿と塔のへつり

こんにちは。貸切ハイヤー部のさわぞうさんです。


この間、 大内宿と塔のへつり を観光してきました。


郡山観光交通はJRびゅうさんとタイアップさせていただき、

『大内宿と塔のへつり』のツアーを募集しております。

新幹線往復切符つきの割安!人気!のツアーで東京方面から毎年、大勢のお客様が訪れます。。。

興味のある方は 『JRびゅう』 大内宿と塔のへつり へ


東京方面からのお客様は福島県の新白河駅で地元郡山市の方は郡山駅で当社のスタッフと合流です。

新白河駅をでて289号線を通り、平成20年9月に開通した甲子トンネル(長さ4345m)を抜けて、会津下郷の町へ。


まずは 塔のへつり を見学!


塔のへつり案内図


百万年の歳月をかけて、浸食と風化を繰り返した結果出来上がった見事な景観です。

約200mにわたって奇岩が並んでいます。

塔のへつり


向こう岸へはつり橋を渡って奇岩の中を歩くことができます。

このつり橋が多少 揺・れ・ま・す ^_^;

渡ったことがある方はわかりますよね!?


次は、会津でも有数な観光スポットである 大 内 宿 へ

大内宿は江戸時代の宿場として栄え、そのままの姿を現在でもみることができます。

茅葺屋根の民宿や、民芸店、蕎麦屋が立ち並びます。

大内宿の中の道を駐車場方向からまっすぐ歩いていくと大内宿を上から見下ろせるビューポイントがあります。

テレビや雑誌でよく見かける大内宿です。

ここはぜひ、立ち寄っていただきたい所です。
大内宿


「名物のねぎそばはどこのお店で食べようかな」
「お土産はどれがいいかな~」

いろいろ見て歩こう!

大内宿1


道の両脇には用水路があります。

冷たいお水に冷やされたジュース類がたくさん置いてありました。

なんだか昔なつかしい雰囲気を味わえますね。。。
飲み物


ねぎそば

名物『ねぎそば』! 

ねぎでそばをすくい、食べます!

薬味としてねぎをかじりながら!

ねぎがなくなったら普通の箸で食べてください。(笑)



とちもち

こちらは『とちもち』

とちの実が入っているおもちです。



日常の喧騒から解放されたいとき、昔なつかしい姿を残す大内宿を訪れてみませんか。

お申込は

東京方面からのお客様は JRびゅう へ
地元郡山からのお客様は 郡山観光交通 へ   
リンク
月別カレンダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログランキング
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


Twitter
お天気情報
ご訪問者数
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。